ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?

ビットコインキャッシュの画像 仮想通貨

仮想通貨が注目されるようになって一般の人にも【ビットコイン】の存在が認知されるようになってきました。

ビットコインに似た名前の仮想通貨で【ビットコインキャッシュ】があります。

名前が似ていることから「ビットコインに関係する何かなのだろう」と予想はできても、具体的にどう違うのかはわからない人も多いでしょう。

ビットコインとビットコインキャッシュは何が違うのでしょうか?
今回はビットコインキャッシュについて焦点を絞って紹介します。

[toc]

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュは、ビットコインがハードフォークして生まれた仮想通貨です。
単位はBCHです。BCCとも呼ばれていましたが、他に同じ単位の仮想通貨があったためBCHになりました。

一部の取引所ではBCCと表記されています。

ビットコインよりもブロックサイズの大きい仮想通貨で、2017年8月に誕生しました。

ビットコインは約10分ごとに生成されるブロックに取引記録が収められていきます。
ビットコインのブロックの容量は1MB。

しかし取引数が多くなるにつれて、容量が足りなくなってきて、送金に時間がかかるようになりました。
いわゆる送金詰まりです。

この容量の問題を解決するために2つの方法が考えられました。
【ブロックサイズを8MBに大きくする方法】
【ブロックサイズはそのままに取引記録を圧縮し、収められる量を増やす方法】です。

容量が大きくなるのは同じでも、アプローチ方法は全く違いますね。

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

ビットコインキャッシュとビットコインの違い
ビットコインキャッシュとビットコインはどのように違うのでしょうか?

ブロックサイズ

ビットコインキャッシュとビットコインは、ブロックサイズが違います。
ブロックサイズはビットコインキャッシュが誕生した理由でもありますね。

ブロックサイズが大きくなったことで、送金詰まりが起こりづらくなりました。

ブロック生成にかかる時間はどちらも10分ですので、送金詰まりを起こしにくいと言うだけで大きなメリットと言えますね。

送金詰まりを起こすと着金までに何時間もかかることも少なくありません。

ビットコインとビットコインキャッシュはマイニングによって少しずつ発行されます。
発行枚数が増えればそれだけ取引数も増えていきますので、ブロックサイズが大きいビットコインキャッシュの方が有利ですね。

ビットコインキャッシュはアルトコイン

ビットコインキャッシュはビットコインからのハードフォークで生まれた仮想通貨です。
ビットコインキャッシュはアルトコインに分類され、ビットコインとは別の仮想通貨として扱われています。

もちろんアドレスも違いますので、同じアドレスに送金しないように気をつけましょう。
もし間違って送金してしまうと、そのまま永久に失われることになるかもしれません。

開発者や参加者

ビットコインとビットコインキャッシュは開発者や参加者が違います。
考え方の違いからハードフォークしたので、当然と言えば当然ですね。

マイニングの難易度調整

ビットコインキャッシュはEDAと呼ばれる難易度調整アルゴリズムが組み込まれています。
自動で難易度調整が行われる仕組みで、マイナーが多くなれば難しくなり、特定の期間内にブロックが見つからないと簡単になります。

ビットコインキャッシュが誕生した当初はマイニング効率が悪くて不評でしたが、徐々に効率よくマイニングできるようになりました。

ビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュを取り扱う取引所
ビットコインキャッシュは多くの仮想通貨取引所で取り扱われています。
ビットコインキャッシュを扱っている国内の仮想通貨取引所は下記の通りです。

  • QUOINEX
  • GMOコイン
  • Zaif
  • bitFlyer
  • coincheck
  • DMM Bitcoin

多くの取引所で取り扱われているのがわかりますね。
アルトコインの中では取り扱われている場所が多い方です。

海外の取引所でもBinanceやKucoin、HitBTCなどで取り扱われています。

ビットコインは送金詰まりを起こしやすいので、ビットコインキャッシュで送金してからビットコインに交換して使う人もいるようですね。

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインほどではないものの、少しずつビットコインキャッシュを使える場所も増えてきています。
ビットコインキャッシュを基軸にした取引所も登場しており、有用性が認められてきているように感じられますね。

ビットコインの欠点を改善した形になりますし、ビットコインキャッシュが本物のビットコインとして成り代わる可能性もゼロではないでしょう。

またビットコインクラシックを開発するグループが、「2018年5月までに正式なビットコインとなるだろう」との声明を発表しました。
あくまでも開発グループの予想ですので本当になるとは限りませんが、徐々に利用シーンが増えていることを考えるとありえないことではなさそうです。

さすがに「2018年5月まで」と言う期間は難しいでしょうが、時間さえかければ実現できるかもしれませんね。

コメント