ペーパーウォレットとは?ペーパーウォレットの作り方!

ウォレットの作り方 仮想通貨

みなさん仮想通貨をどうやって管理していますか?
最近は取引所のハッキングや不正アクセスのニュースが増えてきたので、各自で管理方法をしっかりと考える必要があります。

今回は仮想通貨ウォレットの中でも安全性が高いと言われている【ペーパーウォレット】について紹介します。

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットは名前の通り、紙をウォレットに仮想通貨を管理します。
「仮想通貨はデジタルなのに紙で管理?」と、いまいちピンとこない人も多いでしょう。

仮想通貨のウォレットは、作成時に【公開鍵】と【秘密鍵】が作られます。

ペーパーウォレットはこの公開鍵と秘密鍵を印刷したものです。
ですので公開鍵あてに送金すれば、ペーパーウォレット上で仮想通貨を管理できるわけです。

ペーパーウォレットから仮想通貨を送金したいときには、スマホアプリなどで秘密鍵を読み込んで、オンライン上で操作すればOK!

必要なときにのみしかネットに繋げないので、ハッキングされたり不正アクセスされる心配がありません。

ペーパーウォレットの作り方

ではペーパーウォレットはどうやって作るのでしょうか?
ペーパーウォレットを作るには、専用のサイトを使います

例えばビットコインであれば【bitaddress.org】が有名ですね。
イーサリアムであれば【MyEtherWallet】で作れます。

各仮想通貨ごとに対応したサイトで作るわけですね。

ペーパーウォレットの作成はオフライン状態で行いますので、きちんと手順を踏んで行えば、秘密鍵が流出するリスクを限りなく下げられます。
作成が完了したら公開鍵宛に仮想通貨を送金し、総金額を書き込んでおくと管理しやすいです。

ペーパーウォレットの注意点

安全性の高いペーパーウォレットですが、もちろん注意点もあります。
認識しているのといないのとでは全然違いますので、きちんと確認しましょう。

紙だから劣化する

ペーパーウォレットは紙、ですので時間が経ったり管理方法によっては劣化します。
ペーパーウォレットが劣化して読み取れなくなると、当然入金した仮想通貨を引き出せなくなります。

破れたり日光に当たりすぎて色褪せる可能性も…。
ですのでペーパーウォレットをどのように保管するのかもきちんと考えましょう。

紛失しやすい

ペーパーウォレットは紛失しやすいので注意してください。
プリントやチラシなど、他の紙と混ざったときは探すのに時間がかかります。

絶対に他の紙と一緒にならないように気をつけましょう。

コメント